効果音に対するこだわり

“最近知ったことなのですが、犬の遠吠えの効果音は犬が鳴いているわけではないらしいのです。
絶対とは限らないと思いますが、メガホンを使って鳴くという手法を使えば、犬の遠吠えを再現できるみたいです。

現在ではコンピューターを使えば大抵の効果音は作れるみたいですが、こだわりのある人はアナログ的な手法で音を作るみたいです。
また音にこだわりのある人は自然にあるもの、例えば木や石などを使って効果音を作るらしいです。

風の音や海の音、小鳥の鳴き声などはそれそのものから効果音を作るのではなく、まったく別のものを使って音を再現するのです。
こうしたこだわりがリアリティのある音を作るのです。

確かにコンピューターを使えば、効果音を作成するのは簡単でしょう。
しかし機械で作った効果音よりも本物の音を使った効果音のほうがより自然に聞こえると私は思うのです。

コンピューターで作る音がダメなわけではなく、それぞれに違った魅力があるということです。”

その名の通り、効果音の効果がすごい!

効果音ってすごいと思います。例えば、効果音なしで観たものと、効果音ありで観たもので同じ映像でも印象がかなり変わります。
私は特にホラー映画での効果音が大嫌いで、効果音さえなければ観ることができるかもしれないのに、音だけで恐ろしくなって観るのを断念しなければならないものがいくつかありました。
例えば映画、ジョーズでは、特にこれといってとても残酷で観るのも無残なシーンというのはないのに、あの、何か恐ろしいものが着実に自分に迫ってくるような音でものすごい恐怖を感じるのです。
効果音というのは本当にすごい威力だなと感じます。

バラエティ番組でも、笑いの効果音があると、よく考えるとそれほど面白くないものでもなんとなくおかしいなと思いながら見ていたり、自分も一緒につられて笑ってしまったりします。一人で家でTVを見ているのに、効果音の笑いと一緒に笑うとなんとなくみんなで笑っている気がしてそれで独りぼっちじゃないと感じるということもあるのかもしれません。それに、お~と感嘆の声が入ったり、え~っ!?と驚いたりの音もかなり効果があります。自分一人で部屋でうなづいてTVを観ているよりみんなでうなづいているようで、もしかしたら一人で寂しい人はまたそのTVを見ようかなと思うかもしれません。そうしたら視聴率も上がります。

効果音の心理的な効果というのは絶大だなと思います。
考えた人はすごいと思います。

忘れられないジョーズの効果音

効果音ではじめて恐いと感じたのはジョーズの映画です。小学生のときでした。なぜこの映画を見ようと思ったのかは思い出せませんが、恐いと感じたことだけはよく心に残っています。

海で楽しそうに泳いでいる家族に迫ってくるジョーズは、想像しただけでも恐ろしいものがあります。ジョーズのギザギザした歯は人にとって恐怖そのものです。パクリと食べられるような可愛らしいものではありあません。ゴキブリを踏み潰したときのように、グチャグチャに噛み付かれるシーンを想像させます。

この映画では、ジョーズが人に迫ってくる瞬間に、ズンズン、という効果音を鳴らします。しかも、一定の間隔で少しずつボリュームをあげていくのです。そして、この効果音が絶好調になるのは人がジョーズに噛み付かれた瞬間です。このシーンは、思わず目を両手で塞いでしまいました。それくらいリアルに感じたのです。

このジョーズの印象が強すぎて、他の恐怖映画を見てもあまり恐く感じなくなりました。30年経った今でも、ジョーズの映画が最も恐怖を感じられる効果音だと思っています。

有名なルパン三世の効果音

ルパン三世という有名なアニメで有名になっている効果音はタイプライターの音で、黒い画面で白文字が出ながらワープロで打つ時のような効果音が出る場面が面白いです。

サブタイトルとしてタイプライターの効果音を出しながら、一文字ずつ白い文字を表現している所はオリジナル性を感じました。タイプライターとして白文字として文章が出た時にアイキャッチとして出る効果音も有名で、決断を下すような音である事を感じて多くの人に愛されていると思いました。

アニメの中で主人公のルパンが車を乗り回している時のブレーキの音が凄かったり、五右衛門が剣を操っている時や剣と剣がぶつかり合っている場面などの効果音も面白かったです。ルパン三世の効果音の醍醐味はコマーシャルに入るときなどのアイキャッチの場面で、女性の声を伴いながら魅力的な効果音を出している所が印象的です。

女性の声と視聴者から魅力的な音を混ぜ合わせる事によって、アニメとしての魅力を感じました。

効果音はイメージを連想しやすくて便利

CMで重要なものは企業のロゴが表示されると同時に鳴る効果音なのかもしれないと最近は感じています。普通に作っているとインパクトが足りないせいなのか、結構近頃の宣伝方法は商品とは関係ないドラマ仕立てなんかの前フリが多いと思うのです。

だから、途中までこのCMは一体なにを伝えたいんだろうと疑問に思うようなものでも、最後に鳴る効果音で「ああ、あの会社か」と一瞬で理解できて便利なものといえます。

何か別の作業をしていてテレビをラジオ代わりにしているときは特にそう思います。私はスマホ全盛期のご時勢でも家庭用ゲームで遊ぶのが好きだからゲーム会社の宣伝は音だけで判断できますし、コイーンという効果音が聞こえてきたらあの会社の新作が発売するんだということがすぐにわかるのです。1秒もないくらい短い音にもかかわらずこれだけ会社の印象を結びつけることができるわけですから、はっきり目に見えるロゴより音という要素のほうが宣伝効果は高そうに思います。

少年(黒夢)

黒夢ファンにとても人気の曲です。
11枚目のシングルです。
清春がこの少年で歌っているプロモーションビデオのファッションは今のギャル男のファッションとダダかぶりします。
クロムハーツのアクセサリーとラバーソールがトレードマークで、その人気の火付け役となったのが清春です。

まさにファッションの先を行っていた清春でした。
切ない歌声で歌うバラードでもあります。
最後のほうで「ボーイ!」と叫ぶところがとても印象深いです。
カラオケで「ボーイ!」のところを歌おうとするのですが、いつも上手くいきませんでした。良くPVとの真似をして上半身裸で歌っていたのを覚えています。

黒夢のこの少年はバンド名の黒夢の通り、「夢の無い少年がいつまでも歌っている」といったような感じのことを連想させる歌詞と、メロディーラインでした。
私はこの少年が発売した時、まだ黒夢の存在を知りませんでした。黒夢の存在を知ったのは次に発売するMARIAからです。少年は二番目ぐらいに好きです。

桑田佳祐 白い恋人たちのレビュー

毎年冬になると、思い出す曲があるのです。それは桑田佳祐さんの「白い恋人たち」です。私は桑田さんの曲やサザンオールスターズの曲はほとんど聴いたことがありませんが、この曲だけは発売当時から話題になったということもありますけど、発売から14年くらいが経過した今でも、凄い心に残り、毎年冬になるとよく聴いてしまう曲ですね。
歌詞やメロディーがいかにも冬の曲という感じで、聴いているだけで、桑田さんがピアノを弾いている映像が頭に蘇り、冬のいろいろな情景が浮かび上がってきますね凄い不思議な感覚になります。冬の名曲って、いろいろな曲がありますけど、本当にこれは外せない一曲だと思います。
特に家で聴くというよりは、外で実際に寒さを感じながら聴くと、よりこの曲の味わい深さが染み渡ると思います。雪でも降っていると最高だと思います。毎年思い出すこの曲、サザンや桑田さんのファンではない私がオススメするのも変な感じですが、それくらい素晴らしい曲だと思います。

こいのうた/Go!Go!7188の感想

この「こいのうた」は2000年に発表された曲です。
この曲を歌うロックバンド「Go!Go!7188」はアップテンポな曲やパンチのきいた曲を演奏していることが多いのですが、
この「こいのうた」はとてもしっとりとした曲に仕上がっています。
また、歌詞も秀逸です。
一言で言えば「片思いする女性の恋心」をテーマにしているのですが、
「ああ、あるある!」と思う部分が多くあるのです。
「きっとこの恋は口に出すこともなく 伝わることもなく 叶うこともなくて 終わることもないでしょう」
と片思いの苦しさが表れていたり、
片思いの相手がほかの女性に思いを寄せていることに対する哀しさを歌ったあとで
「でもそんなあなただからこそ 輝いて見えるのだから きっと今のあたしにはあなた以上はいないでしょう」
と、現状を見つめ直し、自分の気持ちを確かめるような表現がされていたりします。
こうした歌詞を、スローテンポでじっくりと、しかし力強い声で歌い上げられているこの曲は多くの女性が共感すると思います。

「桜坂」(福山雅治)

「桜坂」は、福山雅治のヒット曲のなかでは、男性からすごく支持されている歌です。
女性はそうでないかもしれないけど、男性の気持ちを歌った歌なので、男性のハートをグッと掴んだんだと思います。
この歌が大好き!という男性は多いですよ。

失恋の歌なんですけど…
男性はいつまでも、初恋の人を思うらしくて、そういう、淡い薄紅色の初恋の人を思い出すんでしょうか…
ロマンチックな歌ですね。

「君よ、ずっと幸せに…」から始まるんですけど、届かない恋心を歌い上げてるようで、切ないですね。
こういう歌は、ハンサムが歌わないとダメですよ。
福山雅治は、自分で歌詞も曲も作り、自分で歌うオールマィティな歌手で、ギターも自分でひきますもんね。

元々は、音楽の教師になりたかったそうですから、そういった才能はバッチリあったんでしょう。
歌もうまいですし、次々たくさんの歌を出しますもんね。

家族になろうよ」とか「初恋」とか「クスノキ」とか、すごく大人にならないと歌えない難しい歌にチャレンジしていて、特に「クスノキ」は、原爆の中で生き残った木なので、思い入れはあっても、こればっかりは作るとき、相当苦労したそうです。

小学校の時授業で作ってみた効果音

小学校の時に、音楽の授業だったのかそれとも他の授業だったのかははっきり覚えていないのですが、生徒が効果音を作って披露する機会がありました。

テレビやラジオのドラマで、例えば波の音や馬が走っていく音などは実際の音を流しているのではなく、身近なもので作って流していると先生に教わり、自分達でも試してみようということになったのです。

私の班では馬の足音ということで、お椀2つを使ってさも走っているような感じでリズムを取り、パカパカと床に打ち付けてみました。

一見簡単そうですが、馬が走っているっぽくリズムのとるのは上手下手があり、私はリズム感がないので上手い子に任せました。

他の班では小石をたくさん箱に入れ、傾けてゆっくりと移動させることで波音を表現したり、貝殻をこすり合わせてカエルの鳴き声など作っていました。

男子数名が絶対やりたいと言っていた時代劇で人が斬られる音は、何でも肉の塊が必要とのことで先生に却下されていました。

肉の塊を叩くとあんな音が作れるというのですが、本当なのか未だに疑問です。
今は道具を揃えなくても効果音が作れるみたいで、携帯やパソコンで簡単に聞きたい効果音が聞けるようになり、時代も変わったんだなあと思います。