「桜坂」(福山雅治)

「桜坂」は、福山雅治のヒット曲のなかでは、男性からすごく支持されている歌です。
女性はそうでないかもしれないけど、男性の気持ちを歌った歌なので、男性のハートをグッと掴んだんだと思います。
この歌が大好き!という男性は多いですよ。

失恋の歌なんですけど…
男性はいつまでも、初恋の人を思うらしくて、そういう、淡い薄紅色の初恋の人を思い出すんでしょうか…
ロマンチックな歌ですね。

「君よ、ずっと幸せに…」から始まるんですけど、届かない恋心を歌い上げてるようで、切ないですね。
こういう歌は、ハンサムが歌わないとダメですよ。
福山雅治は、自分で歌詞も曲も作り、自分で歌うオールマィティな歌手で、ギターも自分でひきますもんね。

元々は、音楽の教師になりたかったそうですから、そういった才能はバッチリあったんでしょう。
歌もうまいですし、次々たくさんの歌を出しますもんね。

家族になろうよ」とか「初恋」とか「クスノキ」とか、すごく大人にならないと歌えない難しい歌にチャレンジしていて、特に「クスノキ」は、原爆の中で生き残った木なので、思い入れはあっても、こればっかりは作るとき、相当苦労したそうです。