バラエティの効果音はあまり過剰にしない方がいい

私は普段あまりドラマやニュース番組は見ないのすが、漫才などのお笑いは好きで、
それとバラエティ番組はよく見ます。録画してまで見るのはバラエティくらいだと言えます。

心理学的にも笑いはストレスを解消する効果があり、さらには笑うことで免疫機能の低下を防ぎ
病気になりにくいという統計も出ているそうです。要するに病は気からとうことです。

そんなバラエティ番組ですが最近少し気になるのが「拍手」「笑い声」といった効果音が
少々過剰なのではないかという点です。

 基本的に笑いのポイントなんて人それぞれでいいと思うのに、わざわざここが笑うポイントですと
強制しているように思うし、対して面白くない場面で大きな笑い声が効果音で入っていると、
逆にしらけてしまう場合もありますので、少しくらいはいいと思いますがやりすぎ注意だと言えます。

まあ効果音はともかくテロップはまああってもいいかなと思います。
芸人さんによっては声が篭ってしまう人や早口が聞き取りにくい場合もありますからね。